ギルド参加型の大型アップデートの詳細(パート2)

アップデート

どうも、徒然です。

 

古代迷宮について、新たな詳細が発表されました。

今回発表された内容は、古代迷宮の中ボスとラスボスについてです。

中ボスは迷宮の守護者と言い、3体いるようです。

また、迷宮の守護者は両側のルーン文字の古の魔力を吸収して、自分の攻撃スキルを強化します。

 

では、中ボス(迷宮の守護者)について説明します。

 

コトス

使用するスキル

  • 魔力の火炎剣:相手全体を2回攻撃し、50%の確率で2ターンの間持続ダメージを与える。更に、相手の持続ダメージ1つあたり最大体力の5%の追加ダメージを与える。
  • 古の魔力(反撃):相手に攻撃されるたびに魔力の火炎剣で反撃する。
  • 古の魔力(暴走):攻撃した後、もう一度魔力の火炎剣で攻撃する。
  • 古の魔力(激怒):攻撃時、持続ダメージ状態の全ての相手は即死する。
  • 古の魔力(意志):自分の全ての弱化効果を解除し、弱化効果に対して免疫を持つ。
  • 迷宮の守護者(パッシブ):体力を25%失うたびに相手を魔力の火炎剣で攻撃する。古の魔力が存在する場合、全ての魔力を吸収してパワーアップした状態で攻撃する。更に、自分の体力に比例する相手の攻撃効果を弱化させる。
  • 古の時間(パッシブ):相手のターンが終わる度に自分の攻撃ケージを上げる。相手の数が多ければ多いほどゲージを多く獲得する。また、攻撃ゲージ変化関連の効果を受けない。

 

火属性の中ボス(迷宮の守護者)で、相手の持続ダメージの上から攻撃することでダメージが上昇するドラゴンのような能力を持つようです。

古の魔力(激怒)を吸収した時の効果が「持続ダメージ状態の全ての相手は即死」って、強すぎじゃないか・・!

 

レオス

使用するスキル

  • 魔力の霜戦槌:相手全体を攻撃し、35%の確率で2ターンの間氷結させる。
  • 古の魔力(集中):攻撃時、相手に与える効果は効果抵抗を無視する。さらに、免疫効果を無視する。
  • 古の魔力(絶望):魔力の霜戦槌の氷結確率が100%になる。
  • 古の魔力(激怒):攻撃時、氷結状態の全ての相手は即死する。
  • 古の魔力(意志):自分の全ての弱化効果を解除し、弱化効果に対して免疫を持つ。
  • 迷宮の守護者(パッシブ):体力を25%失うたびに相手を魔力の霜戦槌で攻撃する。古の魔力が存在する場合、全ての魔力を吸収してパワーアップした状態で攻撃する。更に、自分の体力に比例する相手の攻撃効果を弱化させる。
  • 古の時間(パッシブ):相手のターンが終わる度に自分の攻撃ケージを上げる。相手の数が多ければ多いほどゲージを多く獲得する。また、攻撃ゲージ変化関連の効果を受けない。

 

水属性の中ボス(迷宮の守護者)で、氷結を使って足止めするのを得意とするようです。

2ターン氷結とか見たことなかったですが、ありえるんですね・・・w

そして、こいつも古の魔力(激怒)を所持しており相変わらず即死攻撃なんですね。

 

ギエス

使用するスキル

  • 魔力の吸血鈍器:相手全体を攻撃し、与えたダメージ分自分の体力を回復する。
  • 古の魔力(保護):相手に攻撃されると1ターンの間、最大体力の15%分のシールドを貼る。
  • 古の魔力(破壊):与えたダメージの50%分、相手の最大体力を破壊する。
  • 古の魔力(激怒):最大体力が低い相手1体を即死させ、自分の体力を100%回復する。
  • 古の魔力(意志):自分の全ての弱化効果を解除し、弱化効果に対して免疫を持つ。
  • 迷宮の守護者(パッシブ):体力を25%失うたびに相手を魔力の霜戦槌で攻撃する。古の魔力が存在する場合、全ての魔力を吸収してパワーアップした状態で攻撃する。更に、自分の体力に比例する相手の攻撃効果を弱化させる。
  • 古の時間(パッシブ):相手のターンが終わる度に自分の攻撃ケージを上げる。相手の数が多ければ多いほどゲージを多く獲得する。また、攻撃ゲージ変化関連の効果を受けない。

 

風属性の中ボス(迷宮の守護者)で、吸血したり、シールドを貼ったり、回復したりと体力コントロールを得意とするようです。

100%回復って、とんでもないですね。

そして、やっぱり古の魔力(激怒)を所持しており相変わらず即死攻撃なんですね。

古の魔力が破壊可能で、破壊できるくらいの体力であれば、古の魔力(激怒)が出現したらすぐに破壊したいですね。

 

そして、このとても強そうな中ボス達、「倒さずに先に進めばいいじゃん!」と思うかもしれませんが、こいつらを倒すとラスボスの難易度が下がるようです。

そして、ラスボスは古の魔力を両腕に持っているようです。

では、そのラスボスを紹介します。

 

タルタロス

使用するスキル

  • 狂暴な一撃:相手全体を攻撃する。相手にかかっている弱化効果1つあたりにダメージが30%上昇する。
    古の魔力(破壊)による追加効果:与えたダメージの50%分、相手の最大体力を破壊する。
    古の魔力(激怒)による追加効果:自分に与えたダメージ量がもっとも多い相手を一体即死させる。
  • 怒りの一撃:相手全体を攻撃し、相手一体の攻撃ゲージを0にする。
    古の魔力(絶望)による追加効果:攻撃ゲージがもっとも多い相手2体をスタンさせる。
    古の魔力(激怒)による追加効果:自分に与えたダメージ量がもっとも多い相手を一体即死させる。
  • 慈悲なき強打:相手全体を攻撃し、ダメージ軽減系の強化効果を全て無視するダメージを与える。
  • 大崩壊:ランダムに相手を3回攻撃する。攻撃された相手は必ず瀕死状態になる。(両腕のルーン文字を破壊すると、慈悲なき強打の代わりに使用)
  • 古の息吹:相手全体を3回攻撃する。それぞれ50%の確率で強化効果を除去し、2ターンの間「沈黙」と「忘却」をかける。
    古の魔力(暴走)による追加効果:攻撃後、古の息吹をもう一度行う。。
    古の魔力(激怒)による追加効果:自分に与えたダメージ量がもっとも多い相手を一体即死させる。
  • 迷宮の支配者(パッシブ):自分のルーン文字が破壊される度に50%の確率で1ターンの間スタンさせ、自分の攻撃力を50%上げる。さらに相手は反撃することはできず、体力比例ダメージがダウンする。
  • 古の時間(パッシブ):相手のターンが終わる度に自分の攻撃ケージを上げる。相手の数が多ければ多いほどゲージを多く獲得する。また、攻撃ゲージ変化関連の効果を受けない。

 

とんでもなく強そう・・・!!

ギルドメンバー全員で戦えば倒せるのでしょうか。

そして、中ボスを倒した方がいいのか、倒さすずにラスボスに挑んだ方がいいのか。

どうなるかは実際にやってみないとわかりませんね。

 

どちらにせよ、中ボスもラスボスも一筋縄ではいかなさそうです。

なにはともあれ大型アップデートが待ち遠しいです♪

 

次の古代迷宮の発表では、入手できる報酬についてと、プレイヤーからの質問に対しての回答があるそうです。

またその時に記事にしようと思います。